お盆の登山灯り

A.jpg

今年もお盆で大阪へ行きました 大型の台風10号が関西を直撃しそうなため予定を早めて出かけました
例によって途中に富士山に立ち寄りました
8月11日のことです 夕方に出発です
この時期は、何といっても晴天であれば富士登山灯り撮影でしょう!
毎年山中湖パノラマ台から撮影しますが、22時半ころ駐車場まで上がりましたが雲に阻まれて全く見えません(>_<)
やむなく三国峠を越えて御殿場へ下りました 目指すは富士山の南東側
こっちからは今まで登山灯りを撮ったことがありません
狙いは⇒左右の稜線に富士吉田ルート・富士宮ルートそして真ん中に須走ルートそれぞれの登山灯りを一画面に撮る
富士山は良く見えていて、登山灯りも3ルート共良く見えます
富士山から20km弱の距離の所ですが、ロケハンしたことがないため登山灯りを見ながらグルグルと回りました(^.^)
結局、太平洋クラブ御殿場コースというゴルフ場近くのスポーツ公園の駐車場に落ち着きました

12日午前1時ころの様子です 登山者の数は少ないように思えました
B.jpg

2時近くになって少し薄い雲が靄の様にかかってきました
A.jpg

少し構図を変えてみました 10分間のインターバル合成です
C.jpg

これを撮り終えて間もな雲がかかってきてあっという間に富士山は隠れてしまいました
今回も良い富士山を見れて良かったです(^-^)
仮眠後、6時ころ御殿場ICから大阪墓参りに向かいました

梅雨の隙間の渓流

190720IMGP5074.JPG

Pentax栃木支部の撮影会がありました 7月20日です
今回の撮影地は名水で有名な「尚仁沢」! 私は何年ぶりでしょうか?
曇天で、午前中は雨降りは無さそうでしたが現地ではどうなるかわかりません

6時前に真岡を出発して、7時半過ぎに尚仁沢駐車場に着きました
支部長の他4名の方が参加です

光芒は期待出来ないのですが、とりあえず例の入り口の坂を越えることにしました
運動不足の私は645のリュックを背負って坂越えするのはキツイと考え、一番軽量な
K3と三脚を選択しました(^-^) 皆さんはK1を抱えている⇒羨ましいです

坂を超えて階段を下り橋を渡ると、今日はこんな感じ・・・靄は薄いです
190720IMGP5009.JPG

「わぁっ!」という声が・・・支部長のMさんが早速ヒルに好かれたようです
出かける前にヒル除けのスプレーを使っていたはずですが・・・頭上の枝から落ちてきたみたいです
幸いなことに私はヒルに好かれたことはありません(^-^)
190720IMGP5019.JPG

雨天続きですが、水量は多くないように感じました
190720IMGP5047.JPG

190720IMGP5061.JPG

奥へ進むと・・・クルクルとなった蔓枝が面白いです
以前この場所は手前に水が流れていたけど、大水で流れが変わって地面が露わになっている
190720IMGP5069.JPG

190720IMGP5074.JPG

蔓の上面に名前を知らない苔?
190720IMGP5080a.JPG

ト音記号のようで面白い(^-^)
190720IMGP5092.JPG

190720IMGP5095.JPG

森の吊り橋
190720IMGP5118.JPG

190720IMGP5105.JPG

圧巻の露出根っ子!!!
190720IMGP5141.JPG

川面は靄っていますが・・・残念ながら光芒は無し(>_<)
190720IMGP5157c30.JPG

結局、涌水地の水源のところ迄歩きました(^-^)
190720IMGP5170c50.JPG

帰り道にまたまた面白い捩れ蔓を見つけました
190720IMGP5182.JPG

久しぶりの自然歩きで楽しかったです



曇り空の隙間に・・・


5月6月と大阪行きがあったのですが、いずれも悪天候で富士子さんに会うことが出来ませんでした(>_<)
そして、6月末には「しもつけ富士の会」第2回写真展を控えて準備に忙殺されていました  
かなりのストレスが溜まっている(^-^)

6月24日上三川の蕎麦屋さんで昼食をとったのですが、蕎麦屋さんは翌日「苔の森」へ行くとのこと!
その夜、「苔」も良いなぁと思いながら・・・「苔」なら富士樹海にも有るなぁ・・・と連想しました  
天気予報を見ると、翌日は雨上がりの晴れ間有り・・・⇒出かけました(^-^)  

20時頃出発しましたが、写真展準備の疲れが溜まっているのか・・・途中休憩を頻繁に挟み  
・・・結局 富士山麓へ着いたのが朝4時でした  日の出18分前
朝霧高原の富士丘です 

富士山は見えていて、南側からの雲が山頂にかかっている!
左側のすそ野方向は色づき始めている・・・良いシーンの予感
190625IMGP4791C70.JPG

そして4時半・・・頂にかかっている雲の左側が赤く染まってきました(^-^)
190625IMGP4805.JPG

雲は傘になりかかっている・・・怪しい
190625IMGP4813-2.jpg

傘みたい(^-^)

やはり傘になりました
190625IMGP4824-2.jpg

斜光がかかって大変美しい!
190625IMGP4836-2.jpg

190625IMGP4836-2tr.jpg


5時⇒傘は崩れました
190625IMGP4839.JPG

いつもの慣れた「富士丘」に来ましたが、もう少し南の「人穴」付近が今日のベストポジションだったかもしれません
発作的にダメもとで出てきたのに、富士子さんに会えて良かったです(^-^)

さて、次のお題は「苔」です

5時15分カメラをたたんで、元来た道を引き返しました  「富士登山精進湖口」へ向かいました
「苔の森」のような立派な苔ではありませんが・・・雰囲気はとても良いです
190625IMGP4844.JPG

緑の世界
190625IMGP4846a.JPG

190625IMGP4849.JPG

6時半・・・斜光が入りました
190625IMGP4853A.jpg

モノトーンも面白いですね!
190625IMGP4853BW.jpg

獣が吠えているよう
190625IMGP4859c40.JPG

190625IMGP4862c100.JPG

7時半・・・樹海を後にしました
トンボ帰りの予定だったので、帰り道の河口湖へ寄りました
雪模様が大変美しかったので1枚・・・
190625IMGP4891-2.jpg

写真展を控えて、ダメ元だったのに良いシーンに出合えて良かったです
富士山に感謝!



しもつけ富士の会第二回写真展開催!

「しもつけ富士の会」は2018年6月に立ち上げましたが、前年11月の第1回写真展開催に続き第2回写真展を開催しました。
6月27日から30日まで、真岡市の井頭公園緑の相談所展示コーナーで開催! その様子をご紹介します(^-^)
今回の展示数は37点と多くなったため、前回のギャラリーでは手狭なため井頭公園緑の相談所展示コーナーでの開催となりました。
4日間に来ていただいた方は681名に上りました(^-^)
皆さん、様々な富士山の自然風景に感動していただきました。ご来場、誠にありがとうございました。DSC_0294.jpg
DSC_0300.jpg
line_1561616326988.jpg
DSC_0305.jpg
DSC_0313.jpg

今年もバラ園に・・・

画像

雨上がりの朝、いつもの五時半に目覚め
井頭公園へ散歩
今年はまだバラ園を観察していないことに気づきバラ園へ来ました
閉鎖中の門の前に車を停めて・・・K3を抱えて入りました
絶好の雨上がりの朝なのに、カメラマンはいませんでした

花の状態は、今まさに真っ盛り!
園に近づくと・・・芳香が・・・
あまりに見事なので、いつもの通りどう撮っていいか悩むばかりです

花弁にびっしりと露を纏っています
画像


赤と赤の群生
画像



奥の赤にピンを合わせてみました(^-^)
画像


淡い黄色に赤の点ぼけを
画像


鮮やかな紅の並び・・・
画像


露を纏った紫
画像


奥へ進むと・・・いつも撮る花棚・・・昨夜の雨で散った花弁が通路を彩る
画像


棚の格子との取り合わせは・・・ありでしょうか
画像


ボケの練習2カット
画像


画像


7時過ぎになって、pentaxOBのKYさんが「しばらく~・・・」と言ってやってきました(^-^)

しばらくとりとめなく歓談して、ミーちゃんのえさやりのためバラ園を後にしました
今年も素晴らしいバラ達に出合えてよかったです(^-^)

今年も花桃に癒される

画像


4月12日の早朝4時半・・・目覚めて、発作的に身支度していました・・・いつもは暫く布団の中でグズグスしているのですが(^.^)
5時過ぎに神戸駅へ向かって出発しました・・・道路はあまり混んでいなくて・・・6時半過ぎに到着!
駅の駐車場に入った途端・・・パッと明るくなりました
曇り空なので長時間楽しめそうです(^.^)
桐生行の列車が迫っていて、大急ぎでK3を準備しました

定番の踏切の横は先客が多数⇒ホームから狙うことに!
来ました(^.^) 踏切道が入ってしまうので・・・線路をあまり入れず、ズーム気味で・・・
画像


余りにも、花桃と桜が見事なので・・・駅の周りを巡ってみることに・・・
まるで日本画に描きたくなりそうなシーン・・・
画像


駅の駐車場とは反対側に回ってみると、小径がピンクに染まっている!
画像


そして、水たまりに興味がそそられました・・・ここの場所で暫く観察して過ごしました(^.^)
画像


画像


画像


画像


そして、またまた日本画に描きたくなるようなシーンを発見・・・ゾクッとします
画像


画像


9時台の列車は、上下線が神戸駅ですれ違います
跨線歩道橋の上には大勢の方が・・・
画像


最後に歩道橋に上がって観察してみました
画像


画像


それにしても、この神戸駅は何と豪華なんでしょう!
春の一時期にせよ・・・見る者を幸せにしてくれる・・・そして維持に努力されている方々に感謝です

震える菜の花・桃の花

画像


火曜日の下野新聞に「大柿花山」の花爛漫の記事が載っていました
折しも、当日は上三川蕎麦屋さんの休業日!
夕刻に蕎麦屋さんに電話してみました
「今日は大平方面に行きましたよ…大柿にも立ち寄ったけど、今満開で見ごろ」とのことでした
水曜日朝は朝は雨模様(>_<) 気象予報によれば関東地方は雨から雪になるかもとのこと
とりあえずロケハンのつもりで出かけました(^-^)

花山に着いた頃、雨がみぞれに変わってきている…気温も-3℃…寒いです((+_+))
さすがにどなたもいません!
傘をさしての撮影

昨日まで春爛漫を謳歌していた菜の花は凛として立っている!
画像


画像


桃花も満開なのに・・・寒さに耐えている
画像


みぞれ混じりの雨で山側が靄っています
画像


私はこの場所の桜の木の樹影を大変気に入っています(^-^)
画像


画像


4月の・・・真冬並みの寒波襲来・・・みぞれの粒がだんだん大きくなってきて⇒ノーマルタイヤのマイカーは走行が危うくなる・・・花山に入園することなく退散しました(^.^)

情報をいただいた蕎麦屋さんに感謝!!

富士も霞む桜花

画像



桜開花の便りが富士宮市方面から届いていました
「しもつけ富士の会」のメンバーの宇都宮のKYさん真岡のKNさんが3月31日桜撮りに出かけました
私は大阪行きの日程が定まらずすぐには動けなかったのですが、4月1日の夜中に出かけました
2日はお月様が出る早朝の時間帯が良く、富士の頂の細い月を撮ったのですがSDメモリーの破損でデータを失ってしまいガッカリです(>_<)
月撮りのあと、迷わず大石寺に向かいました
正に満開の時・・・豪華でした

例によって中々見た目の情景をカメラに収めるのは難しいです・・・折り重なるような木々
そして、富士山も霞む桜の存在感
画像


画像


車のボディーに・・・プロジェクションマッピングの様に!
画像


縦撮りで
画像


大石寺で群桜を堪能した後、興徳寺を訪れました
開花が遅れている暖簾のような枝垂れの先に
画像


例年の様に、菜の花・桜・富士山の三重撮り(^-^)
画像


菜の花をアクセントに・・・
画像


画像



今回も、素晴らしい光景を見せてくれた富士山に感謝! (^-^)

満月と桜

3月21日のことでした
丁度満月です
昼間に真岡図書館へ借りていた図書を返しに通った図書館脇の道路に「河津桜」が満開でした(^.^)

夕刻に蕎麦屋さんで写真クラブの打ち合わせをした帰り、おかみさんから「今日は満月!・・・お月様が笑っているよ・・・撮らないんですか?」と・・・

昼間見た「河津桜」を思い出しました(^.^)

カメラを持って図書館脇へ来ました


正に満月!⇒私の貧弱なレンズでも写りました(^.^)・・・いわゆる「月の丸」構図です
画像



河津桜はこんな感じ
画像



ツーショットで撮ってみましたが・・・お月様がうまく出ない(>_<)
多重撮影が必要だったかも
画像





視線の先に・・・

3月10日いつもの様に、畑の家の猫に餌をあげに行きました
満腹になったミーちゃんは座布団の上でリラックスしていましたが・・・

突如怖い顔になりました⇒鋭い視線になって凝視している
画像


その視線の先を見ると・・・
毎年の訪問者=ジョウビタキが梅の木の前で尻尾を振っている!
画像

根本山の夕刻

3月8日のことです
この日は朝から晴天で且つ夕焼けが期待できたのですが・・・
真岡市の根本山から富士山を観察しました(^.^)
富士山のシルエットは良く見えましたが、水蒸気が多いのでしょうか?それとも花粉の影響でしょうか?
少しモヤっとしていました

画像



撮影会最終日

画像


山中湖畔でのダイヤモンド富士山の不発にがっかりするものの、「道の駅なるさわ」の駐車場できれいな夕焼けを見ることができました
T車は早めに山中湖畔を撤退して、精進湖畔の夕焼けが撮れたようです

宿の「ふじみ荘」に無事集合して美味しい食事会を実施しました
皆アルコールが入ったため夜景撮影には出かけなかったようでした
寝る前に外に出て様子を見ると頭上には星が輝いていました
一方、富士山は夜目に見えるものの、背景の空に薄い雲が有るようでした

翌17日の朝のことです
3時ころ寝覚め同室のKNさん達と出かけました

富士山は良く見えていて、背景の雲は厚くないです
湖面は昨日とは違い、さざ波があります

6時半ころ左側の裾が赤くなってきました
画像


そして5合目付近に右方向から延びる程よい筋雲が・・・
画像


シーンは刻々と変化して見ているだけで幸せになります
画像


山肌を幾つもの筋雲が横切りました・・・私の好きなシーンです
画像


今日のダイヤモンド富士山の場所である「道の駅なるさわ」へ向かいました
奥の駐車場にさしかかると・・・見えました 「しもつけ富士の会」のTGさんの車が・・・
やはり朝霧高原で「彩雲」狙いのようです

変わり映えしないですが一応撮りました
画像


TGさんと別れ、道の駅の食事処で美味しい豚汁をいただきました・・・TYさんと一緒です
te部長を乗せたI車とAさんは、岩本山の梅を求めて先に発ちました

食事を終えた私たちは予定通り「河口湖美術館」へ向かいました・・・富士山写真大賞展が開かれているのです

私は毎年応募しているのですが今年も落選! 応募者には2名の無料券がいただけます

いざ入館する時無料券を忘れたことに気づきました
「無料券を忘れてしまいました」と告げると、何と「じゃあ大丈夫ですよ!」と・・・有難い(^-^)

例年通り見ごたえのある作品の数々!! 今年は色合いがやや強くなっているように感じました


最後は皆さんそれぞれの撮影地で自由に撮影するという形で撮影会は無事終了しました
今回も美しい姿を見せてくれた富士山に感謝です


PENTAX 一眼レフ K-1 Mark II 28-105WR レンズキット 16007
ペンタックス
2018-04-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト





撮影会2日目

画像


精進湖畔で夜明けを迎えた真岡組は、朝焼けを撮った後「道の駅朝霧高原」へ向かいました
大澤さん・町田さんを乗せた田所車は、後に大観山にいたとのこと

奥の東側の駐車場へ入ったのですが、見慣れた車影が目に入りました
(^-^)「しもつけ富士の会」の会員のTSさん!
TSさんは「彩雲」狙いで殆んど朝霧高原にいます・・・20日まで粘るとのこと

この日はここがダイヤモンド富士山の場所です・・・数人の方が三脚を立てていました
超望遠レンズを持たない私は、どうしてもこんな撮り方になってしまいます
形の良い雲・レンズ雲が出ていますが・・・少し厚いです・・・雲の周辺に少し彩雲が見えるのみ
画像


一段落してTSさんに別れて、真岡組は道の駅の食事処でいつもの美味しい「豚汁+おにぎり」をいただいて山中湖方面へ向かいました
途中「道の駅なるさわ」の第三駐車場に立ち寄りました
ことしは山肌の雪が少なくこんな感じです・・・
画像


今日の予定は山中湖の「石割の湯」で夕刻まで休息ですが、その前に平野湖畔に立ちました
富士山はスッキリしていますが、背景の空に雲が多くて白いです
画像


田所車は十里木近くの野焼きを撮っているよう・・・

15時ころ集合場所の「東電浜」横の駐車場へ入りました
この日は山中湖畔で「キャンドルフェスタ」が実施され東電浜に臨時駐車場が設定されたのです
遠藤さんを乗せた石間車・手塚さん・明石さんと無事合流しました
田所車はきららトイレ付近にいるとか

湖畔には大勢のカメラマン・三脚の林立!!
画像


画像


しかし、ダイヤモンド富士山の時刻になっても富士山の前に立ちはだかる雲は切れませんでした((+_+))
画像


やむなく撤退して、精進湖畔の宿へ向かうことに・・・
「道の駅なるさわ」にさしかかった時、夕日が富士山にふりそそぎました(^.^)
画像


画像



クラブ「フォト芙蓉峰」最後の撮影会

画像


富士山撮影クラブ「フォト芙蓉峰」は今年度末をもって終会することになっています
その最後の撮影会を開きました 次のような予定です
 山中湖畔ダイヤモンド富士山
 ⇒精進湖畔夕景・宿泊
 ⇒精進湖畔朝焼け
 ⇒朝霧高原朝景・ダイヤモンド富士山
 ⇒河口湖美術館にて「富士山写真大賞展」鑑賞
 ⇒自由解散

最後の撮影会ということもあって当初13名の参加希望がありました
しかし、体調不良の方が続出して結局9名の参加となりました

真岡からはNKさんと私の二人です  
いつものように21時に出発しました
そして、いつもの様に「談合坂SA」で休息してから「河口湖IC」を出ました
撮影会の集合地は明日の夕刻の山中湖畔ですが、真岡組の我々は精進湖畔で過ごすことにしました
途中例によって、「道の駅鳴沢」の第三駐車場へ立ち寄りました だれもいません
スキー場の灯りはなく、富士山は夜目に微かに見えます、
感度を上げて撮ってみました 0時半ころです
画像


1時前に精進湖畔に到着 先客は3人ほど! 少ないです
湖面は静かで鏡となっていました(^-^)
画像


鏡が夜明けまで続くことを期待しながら、5時まで仮眠しました
目覚めるとカメラマンは増えていました 湖面は静か

画像

朝日の光が出ましたが焼けは穏やかなものでした

穏やかな湖面の薄い氷模様が面白かったです
画像


太陽は左の山裾から顔を出しました
画像


湖面に陽光が反射して美しかったです(^-^)
画像


一通り湖畔の情景を楽しんだ後、朝霧の道の駅へ向かいました




太平山から富士山探索

ブログが滞っています
紛失したと思っていたSDメモリーを発見しました(^-^)
今月の7日のことです
以前から太平山から富士山を望めると言うことを聞いていました
折しも、前日のテレビの天気予報で盛んに「明日は濃霧になる可能性が高い」と・・・
それで出かけたのです
6時ころに太平山の『謙信平』に着きました 先客がお一人でインターバル撮影をしている様子
天気予報通り確かに霧が発生していました  
雲海の様になっていて幻想的な景色です⇒人気がある所以

画像


しかし、残念ながら富士山は姿を現さず・・・
画像


思いかけない人が現れました・・・OMさんでした!
聞けば「筑波山ダイヤモンドを撮りに」ということでした

この日富士山が見えなかったため、翌日も挑戦しました(>_<)
次の日、8日は雲海は出なかったですが・・・富士山は見えました(^-^)
画像



画像


スカイツリーも見えましたね
画像







久しぶりの富谷山

画像


今日は大変天気が良く根本山から富士山が見えると思い朝食後根本山へ出かけました
2月2日です
しかし空気中の水蒸気が多いのでしょうか? 微かに見える程度でした((+_+))

夕刻です ミーちゃんに食事をあげて出かけました⇒富谷山! 関東富士見百景の一つ
約170km離れています  しばらくぶりです 展望台へ上がりました 一人だけ(^-^)

まだまだ夕焼けには早い
画像


だいぶ焼けてきましたが、街灯りがつく頃はもうすぐ・・・
画像


ちょうど露出の良い頃でしょうか?  宇都宮のYKさんの写真のようにはいきませんが・・・
画像


星の軌跡⇒朝焼け

画像


夕刻に戸田の港をロケハンして思いました
この周辺は、朝夕落ち着いて撮る場所が満載!
できれば長期滞在したい場所です
NKさんを「くるら道の駅戸田」の駐車場で拾って再度港へ向かいました
FYさんはどこかで撮影している様子で所在不明です
あっという間に暗くなって、FYさんに何度か連絡を取って漸く捕まえました(^-^)
結局道の駅へ戻り、私は温泉で暖まり車中で仮眠しました

夜はFYさんの情報で、「出逢い岬」へ上ることに
風が強くて大変寒く感じます

方位磁石が無かったのでFYさんに聞いたら、富士山の右上に北極星が配置できる!
インターバル合成撮影で撮ってみることにしました

テストです⇒うまく収まりました
画像


強風の中気合を入れてセットしました・・・風の影響に一抹の不安がありましたが・・・
やはり、影響を受けていました((+_+))  星の軌跡がずれている部分がありました
画像


空が明るくなる寸前に、再度試しましたが・・・遅すぎました
画像


朝焼けはどこで?ということになりましたが・・・帰り道の「井田」でということに!
ここは、縦位置が良いのでしょうが・・・朝焼けの時間帯は富士と海の露出が合わないでしょう!
こんな場所です  
画像


展望台から見下ろすと菜の花で井田と表現している
画像


朝日が当たり始めました
画像


かなり焼けましたが・・・カメラにはその焼けが伝わりません?
毎日ウォーキングしているという方曰く⇒「最近一番の焼け」だとか
画像


画像


遥かなアルプスもたいへん奇麗でした(^-^)
画像


帰途、「御浜岬」というところで富士山を観察しました
半島が駿河湾にせり出している
画像


久しぶりに富士山の朝焼けを見ることができて良かったです

両車共燃料が乏しくてスタンドを探しながらの帰途となりました
宇都宮のYKさんからは、ミカンを数袋買って来てほしいとの依頼がありました
時刻が早いので道端の直売所は悉く開店前!

漸く漁港の朝市を見つけて、ミカンをゲットしました・・・めでたし





西富士へ

画像

ドクタービレッジ(DV)でダイヤモンド富士山をねらった真岡組は再び「道の駅朝霧高原」へ戻りました
宇都宮組のYKさんとYHさんは一足先に食堂にいました
美味しい豚汁定食をいただきました(^-^)

ここでミニミーティングを開き、宇都宮組は休息してから霧ヶ峰高原方法面へ・・・真岡組は当初の予定通り西伊豆方面へ行くことに

真岡組は休息してから出かけるという選択肢がありまたが、結局午前中に戸田まで行くことにしました

新富士ICから沼津ICを下り、伊豆中央道を南へ下り「伊豆ゲートウェイ函南」という道の駅でしばし休息

さらに修善寺道の修善寺ICを下り、戸田を目指して西へ向かいました
伊豆国際カントリークラブを過ぎたころ、大きくカーブを曲がったところの眺望が開けていました
道路脇で先客が三脚を立てていました

真岡組も車を停めて、カメラを向けました・・・こんなところ
画像


駿河湾越しに雄大な富士山が・・・夜から朝にかけても良い撮影スポットだと思いました
画像


画像


朝の撮影スポットと言われる「だるま山高原レストハウス」まで来ました
あいにく雲が多くなってきました
画像


今回の撮影会の本来の集合場所である「くるら道の駅戸田」は戸田港へ通ずる道の左側にありすぐわかりました(^-^)  ここでビンとろ丼をいただき仮眠に入りました  NKさんは温泉施設に入り休息  私とFYさんとはそれぞれ車の中で休息

16時半ころ目覚めて、港へロケハンしました
赤い鳥居が見えるところ・・・富士山の山頂の雲がやや焼けている?
画像


画像


少し高台に移動して、
画像


さて、夜はどこで撮るか・・・道の駅へ戻ってNKさんを起こしました

「しもつけ富士の会」撮影会初日


画像


「しもつけ富士の会」の撮影会を実施しました
宇都宮支部は矢嶋車・渡邉車の二台、真岡組は野口車・藤井車の二台
矢嶋車は24日の夜出発し八ヶ岳で朝を迎えたようです
真岡組は予定通り25日の夜出発しました
26日の1時ころ「道の駅朝霧高原」の奥の駐車場で矢嶋車と渡邉車と合流しました

晴天でスッキリ富士山過ぎるため4時ころまで仮眠することにしました
3時ころ、コンコンと窓をたたく音で目覚めました
「傘が出ているよ・・・独り占めしちゃ悪いから起こしました」と・・・矢嶋さんです
目を凝らすと・・・確かに傘らしいものがかかっている!
皆、三脚を抱えて奥のほうへ入っていきました
私は寝ぼけていて、ノロノロとカメラを車の横にセットしました
カメラを富士山に向けましたが・・・傘はなくなっている((+_+))
こんなピーカンの富士山です
画像


仕方なく、いつものインターバル合成を撮ることにしました
インターバルの最後の方で、金星らしい強い光が!
画像


明け方になって、野口車と藤井車はダイヤモンド狙いでJA豊茂の駐車場まで来ました
北の方から雲が沸いて富士山の前を横切っていて、時々富士山は見えなくなってしまいます

7時半頃になって急に雲が消え雄大な富士山が見えてきました
頂に太陽さんが出る場所⇒DVへ移動しました 携帯電話の通信用のアンテナがある場所の近くの空き地から
画像


少し油断して横を向いていたら、出ました・・・急いで広角側に戻して一枚
画像



画像

一年ぶりの霞ヶ浦

画像


1月17日です
14日~20日まで柏の富士山クラブ「フォト芙蓉峰」の写真展で、14日と16日に受け付け当番で柏市民ギャラリーへ行きました
例年この期間の中で霞ヶ浦を訪れます・・・昨年は13日に素晴らしいシーンに巡り会えました(^-^)

17日のお昼頃例によって発作的に霞ヶ浦へ行くことにしました
帰宅は夕刻遅くなるので、猫のミーちゃんに餌をたっぷり与えて出かけました

天気は良いのですが、暖かすぎ!

霞ヶ浦からの富士山を絡めた夕景撮りは人気があり、大勢の人と車・そして三脚が湖畔に並んでいました

西の方の空は水蒸気が多そうで、靄っとしています  そして風があり波が大きい・・・
こんな様子です
画像


もう富士山のシルエットが見えてもいいはずですが・・・まだ見えません
画像


見えたと思ったら、山頂を少し過ぎていました((+_+))
画像


画像


そしてどんどん落ちていく・・・
画像


日が落ちるとともに、大仏様のシルエットがはっきりとしてきました
初めて気づいたのですが、ここは大仏様と一緒にダイヤモンド富士山を撮る場所なのか?それでカメラマンが多い・・・
画像


静かな湖畔が戻りました
画像

お上りさんが撮る

1月11日です
新宿のリコーイメージングスクエアで大山行男プロの「神さぶる山へ」という富士山写真展が開かれていました
宇都宮のKYさんから「行きますか?…街撮り兼ねて」との誘いがあり便乗しました⇒正月休みの最終日の6日に富士山の帰り道に寄ろうかと思ったのですが叶わなかったのです
同じく「しもつけ富士の会」のメンバーの宇都宮のMYさんが車を出してくれました・・・感謝!
写真展会場で大山プロの素晴らしい写真を鑑賞した後、歩きました・新宿の街を!
新宿を訪れたのは何年ぶりのことでしょうか?思い出せないですが・・・10年ぶりでしょう!・・・正にお上りさんと同然!(^.^)
街撮りなどしたことのない私には、何をどう撮ったらよいか全く分かりません
YK夫妻やMYさんについて⇒何となく建物を撮りました(^-^)

画像


画像


画像


画像


画像


画像


ストリートミュージシャン!
画像


可愛い「ちびゴジラ」が・・・
新宿区は、2015年4月9日にゴジラに特別住民票を交付するとともに、「新宿観光特使」に任命したそうです・・・全く知らなかった(^.^)
画像


お世話になったMYさんの後ろ姿・・・
画像


素直に撮って、魚眼で撮ったように見える場所・・・
画像


撮った写真を振返ってみると、ビル写真が多く・・・縦撮りが多いです
街撮りでは⇒人物をもっと観察しないといけないかも知れませんネ

貴重な経験ができました・・・車を出してくれたMYさんありがとう

正月休み最終日

画像


OKプロのグループがいたDVで雲の合間からの日の出を撮った後、朝霧アリーナの駐車場で睡眠をとりました
1月5日のことです
夕刻どこで撮ろうかと迷いましたが、最近見ていない田貫湖からの富士山を観察することにしました
カメラマンはわずか数人  湖面は静か・・・あまり焼けない
画像


桜満開を想像しながら・・・
ここから見れる富士山の形も良いですね
画像


天候は下り坂のようなので、明日は帰途になると思い夜は再び朝霧高原で過ごしました
今宵は珍しく、朝霧フードコート側の駐車場に停めました・・・こんなところです
画像


インターバル撮影をセットして休みましたが、結果・・・赤い光を拾った画像になりました

画像


モノクロに変換すると、穏やかなシーンとなりました
画像


翌朝はやはり雲が出てきました
雲が厚くならない内に富士の姿を撮っておくことに・・・
画像


画像



今回も、良いシーンに出会うことができました  富士山ありがとう

笠の朝焼け

朝霧高原から、思いがけず目まぐるしく変化する傘富士山を観察することができました
夜が白んでOKプロが一言「面白かったね!」と・・・そして「傘に朝日があたると何かあるかも」と

そして、いよいよ朝陽で焼けるときが・・・しかし籠盛りの笠雲・・・少し雲が厚いでしょうか
画像


雲の周辺部が色付きました
画像


太陽光が右稜線から顔を出しました(^'^)
画像


一段落して、OKプロと話すと・・・お約束通り⇒DVへ移動
DVでは、やはりプロのお仲間が大勢おられました
プロからは、何とコーヒーの差し入れが(^u^)・・・立場が逆

相変わらず笠はどっしりと懸っていますが 上にある薄い雲が色付いていて見えました
ただ背景が明るすぎて普通では彩りを撮れない!
画像


笠の向こうから太陽の光が顔を出しました
画像



真夜中の傘雲

画像


大阪の孫たちに癒されて、
好物の美味しいお好み焼きを姉と一緒に食べて富士山麓へ戻ってきました(^-^) 
1月4日のことです

18時です 宇都宮のKYさんはMさんと平林で撮っているとか・・・
天候は晴れ 翌朝まで「道の駅朝霧高原」の奥の駐車場で仮眠することにしました 
入り口付近にOKプロの車が停まっていましたが・・・睡眠中とみえたためお声がけしませんでした
23時ころ、寒くて目が覚めました  
目を凝らして富士山を見ると⇒頂に何やら傘のようなものが・・・天気は下り坂ということか?
すっかり目が覚めて、富士丘へ向かいました(^-^)

天使の輪のごとき雲!
画像


KYさんにラインで、傘が出ていることを知らせてあげました
間もなく、OKプロが来られました・・・早速挨拶をしました「夜明けに朝日が当たると面白いですね」と
ここで撮っているのは二人だけ

山頂付近は強風のようで、雲の形は目まぐるしく変化しています
画像


傘雲が完成して、その上にオーロラのような筋状の雲が・・・
画像


日付が変わって3時ころ 山頂にぐるぐる巻きの何重もの傘ができていました
画像
 

3時50分の画像に不審な光跡が・・・UFOか??
画像


この夜、結局一睡もせず富士山を観察していました(^-^)

初撮り

画像

ブログをご覧いただき有難うございます
本年もよろしくお願い致します
例によって、大晦日の午後出掛けました
帰省の下りピークは過ぎて、全く渋滞なく車を進めることができました
しかし、休息のため立ち寄った談合坂SAは殆どマイカーで満杯!
早めに河口湖ICを降りましたが、富士山には西方向からの雲が掛かって頂は見えません
取り合えず「道の駅朝霧高原」で夜を過ごすことにしました
4時に目覚めいつもの精進湖畔へ向かいました

例年の通り、湖畔は車で溢れていました(^-^)
何とか隙間に停めることができました
富士山はというと、あいにく雲がかかって見えません
しかし、左の裾の部分は空いていて日の出は見えそうです(^-^)

ふじてんスキー場の灯りが湖面に写る
画像


相変わらず富士山は雲に隠れて・・・
画像


白んでくるにしたがい、続々と人が集まります
画像


画像


雲のため少し遅れて、7時9分に日の出です(^-^)
画像


画像


画像


お日様が上がったところで、バタバタと三脚をかたずけて湖畔を出ようとしますが大渋滞!

15分ほどかかってようやく脱出!!

いつものコース⇒ドクタービレッジへ向かいました
すでに数台の方々が待機していました
OKプロそして大山プロも・・・

8時20分の日の出です(^-^)
画像


OKプロへ挨拶もそこそこにして、新富士駅へ向かいました

流れ星

2018年12月14日はふたご座流星群の極大日だそうです

今まで意識して流星を撮ったことはありません
偶然に写っていたというのが現実!⇒挑戦してみることに!

とは言っても、流星は今から落ちるよとは言ってくれません(^-^)
星空の広い範囲を何枚もとるしかありません

15日の3時過ぎから160枚(露出30秒)=約80分の撮影です
広角レンズを着けて、南天の空を撮りました(^-^)

翌朝、160枚の画像を1枚1枚確認していきました

結果⇒流星を確認出来たのは8枚! 8÷160=5%  8X60÷80=6ケ/時間 の割合

東西南北を同時に見たとすると、6X4=24ケ 真上も考慮すると6X5=30ケ
報道の出現数とほぼ同じ数です(^-^)

比較的はっきり写ったものを3枚紹介します

画像


今回写っていたものの最大のもの
画像


画像

富士の会撮り納め

画像

撮り納めは私としては、高ボッチからの富士山撮影がよいかなと思い再三ロケハンをしたのですが・・・
あいにく道路閉鎖の可能性が・・・
12月8~9日「しもつけ富士の会」の撮り納めとして「ぐるぐる」を撮ることに!
天気予報は晴れで申し分ありません
⇒真岡からは新規入会予定のFYさんとNKさん、それと私の3人 宇都宮からはYKさんとMYさん そして、群馬からTSさん  計6名の参加です

12月8日の21時に真岡組が出発しました  宇都宮組は21時半ころ出発  群馬のTSさんは精進湖畔にて落ちあうとのこと  
いつものように談合坂SAで休息しましたが、間もなく宇都宮組が到着し簡単な打ち合わせをしました

真岡組は明朝は山中湖畔で朝を迎えることに、一方宇都宮組は精進湖畔へ向かいます

翌9日の1時半に山中湖畔に到着!
富士山は良く見えるものの、背景に(西側に)雲が有ってスッキリしません
目を凝らすと・・・吊るし雲のようなものが・・・
感度を上げてとってみると⇒吊るし雲が写っていました
画像


その後は、雲がかかって富士山は見えたり見えなかったり・・・仮眠しました
5時半に目覚めると、相変わらず雲が多い 吊るし雲の名残もあります
画像


チラッと朝焼けが山頂を染めました
画像


いつもの通り例のデニーズでモーニングをいただき、道の駅鳴沢の駐車場を経由して朝霧高原へ向かいました
予定では日帰り温泉「風の湯」で休息です・・・運転手NKさんの身体休めが必要です!

夕刻4時に道の駅朝霧高原駐車場へ集まりました⇒会としてのミニミーティングです
「ぐるぐる」をどこで撮るか? ・・・天照教林道でということに!
そうと決まれば早めにと言うことで、向かいました

いつものスポットは、我々以外に誰もいません
富士山は見えていて期待が高まります(^-^) が、裾に雲がかかってきそう!

会員さんたちは、見通しの良い富士山川の道路わきの前列に三脚を並べてカメラをセット

私は反対側の道路脇に三脚をセットして、いつもとは違う構図⇒樹影を手前に入れることに・・・
TSさんの車やFYさんの灯りを避けながらの撮影です(^-^)
画像


点状撮影の限界に挑戦⇒30秒です
画像


画像


夜明け近くになって、右=東側から薄い雲が流れるようになりました
画像


皆さん、それぞれ上手く撮れたでしょうか?

夜明け前になって、宇都宮組は御殿場から山中方面へ行くとのことで見送りました
真岡組とTSさんとは朝霧方面から帰途に就くことに・・・

会の撮影会としては、富士山の姿がよく見えてよかったのではないでしょうか!


帰途の星峠棚田

画像


11月30日諏訪湖越えの富士山を見ることができた私は、いつもとは違う道⇒越後まわりで帰ることにしました
真岡のクラブの撮影会が予定されていたためです
あいにく天気予報は⇒雲が多い!  ダメもとで、遠回りすることにしました

豊田飯山ICを下りた時に、クラブ会員のSNさんから電話が・・・「新潟方面には雲が近づいているよ!」と・・・

私は予定通り現地=星峠を経由して帰途に就く考えで進みました
星峠に着いたとき、クラブの会長から電話が・・・「今回の撮影行で、交代で運転して欲しい」との要請!
私は「それはちょっと無理な相談」と・・・・続いて「すでに現地にいるので、待っていますよ!」と・・・
会長はびっくりした様子(^-^)

4人組の彼らは4時ころ到着しました・・・皆眠そう
残念ながら、棚田には靄・雲海は殆どありません
5時ころ、暗い棚田の道を進む車がありました・・・灯りの軌跡・・・
画像


6時半・・・棚田が明るくなってきました
画像


棚田の先のカーブした道路辺りにちょっとした靄が発生していました
画像


すっかり夜は明けましたが朝焼けは望めません・・・しかし紅葉の残り葉が存在を主張している
画像


遅ればせながら・・・と言うかのように太陽が雲間から光をくれました(^-^)
画像


棚田全体が朝日を浴びます・・・
画像


画像


諦めていたのに、光が射して良かったです
4人組は「美人林」を撮って帰るとのこと・・・私は分かれて帰途につきました

3度目の正直!?

画像


山梨と静岡の県境で「富士山の影」を観察した私は、道の駅朝霧高原へ向かいました 
11月29日のことです
いつもの奥の駐車場へ入ると、OKプロともうひと方の車が停まっていました
OKプロ達は、富士丘からドクタービレッジへ行ったようでした・・・ダイヤモンド富士狙い
ここで「くまもん」が高ボッチで頑張っているとの情報が!
別れの際には、OKプロから昨年も頂いた「都民共済の富士山カレンダー」を頂戴しました(^'^)
いよいよ今回の目的の高ボッチロケハンに向うことにしました

前回・前々回と靄と雲に阻まれて富士山の美姿を見ることができませんでした・・・
眼下に諏訪湖がよく見えていても、遠くの富士山が見える保証は全くありません
駐車場に停まっている車の数はさほど多くは無かったです
しかし、一番のスポットの展望台へ上がると・・・三脚が林立していて隙間が無い!
やむを得ず、前回と同じ場所・・・遊歩道がある草原の柵の際に三脚を立てました
停まっているのは私の車だけ?(前回は数台停まっていた!)

相変わらず夜景が素晴らしい 18時頃です
画像


車の明かりの帯も美しい・・・様々なカーブを描いている
画像


夜中は富士山が見えず、また性能が良いレンズは持ち合わせがないため明朝まで仮眠することにしました
翌30日の3時に目覚めたら・・・周りの道路脇に何台もの車が!大阪No.あり、三河No.あり、四国No.まである
三脚の場所へ行ってみると、すでに三脚が乱立!! 高感度で試し撮りすると富士山は写っている!
気温は0℃・・・たいへん寒かったですが明けてくるまで我慢して観察していました

5時ころ、ようやく諏訪湖畔の街灯りと富士山方面の明るさが合ってきました
3度目で漸く端正な姿を諏訪湖越しに見ることができました(^-^)
画像


明けて街灯りが消えても、素晴らしいシーンが刻々と変化します
画像


お日様が完全に出て左方向から光を放射するころ、あれ程たくさんいたカメラマンが私の他に二人だけ!
光は諏訪湖の向こう側の山並みに差し込みますが・・・中々写真で撮らえるのは難しい!
手前のススキの穂が光を浴びて輝いていましたよ
画像


くまモンさんはおそらく一番のスポット=展望山にいたと思われます・・・今回は会えませんでした
3度目にして美しい富士山に会えることができましたが、元々撮影会のロケハンが目的でした
ところが後日の撮影会は高ボッチではなく、水ケ塚となったのです・・・


富士の影

画像


富士丘で思いがけなく美しい姿を堪能した私は、朝焼けを期待して精進湖畔へ移動しました
湖畔もカメラマンは少なく、三脚は数脚ほど・・・

雲の位置は富士山に近いですが、朝陽が昇れば焼けるのでは?と期待
画像


山頂の霧煙が染まっています
画像


富士山の左裾野が明るくなってきました
画像


そして、お日様の登場!  しかし恥ずかしいのでしょうか、富士山は顔を雲で隠してしまいました(+_+)
画像


画像


お日様が昇りきったところで、バタバタと三脚をたたんで朝霧高原方面へ向かいました
県境を過ぎたところに車の駐車帯があり暫し停まって観察⇒ここで撮ることに!
こんなたたずまいです
画像


頂を見ると、両端の影がまるで角の様になっている!
画像


お日様が上がるにつれて、角の影は左に傾く・・・
画像


そして右稜線から光が現れました
画像

久しぶりの美姿

画像

「しもつけ富士の会」写真展の開催以後、タマネギ苗の植え付け・にのみや公民館祭への写真展示・運転免許更新のための高齢者教習・芳賀地方芸術祭とその作品引き取りなど・・・11月は行事が多くて富士山に会いに行けませんでした((+_+))
しもつけ富士の会の撮影会の予定を考えなくてはならなかったのですが、なかなかかなわなかったのです
時期的にはやはり高ボッチが気になるところです・・・前回・前前回と良い姿を見ることが出来なかった
芸術祭の作品を回収した後、再度ロケハンすることにしました・・・15時過ぎに出発
11月29日です  月が良いものの天候は曇りから明日かけて回復傾向のようです
17時頃、取りあえず到着したのは朝霧高原
夜目には富士山の上に雲が掛かっている・・・道の駅の駐車場はいつもより車の数が少ない!
行き慣れた「富士丘」で夜明けを迎えようと移動しました
先客が2台!1・・・見慣れた車影・・・手前の車はOKプロのハイエース
早速挨拶しました・・・「さっき笠らしい雲が掛かったよ、雲が動き月明かりになれば良いシーンとなるかも」と
20時の姿はこんな感じ
画像


月が西に来るまで仮眠しました
3時ごろ、プロの予想通り星が出ていました・・・富士山の背景に程よい雲が掛かっている
そして、美しい雪模様
画像


月明かりに照らされて山肌の模様が美しい(^-^)
画像


画像


画像


5時頃まで、美しい姿を見せていただきました(^-^)
煌めく金星が印象的です
画像


画像


「しもつけ富士の会」の紹介

「しもつけ富士の会」は2018年6月に立ち上げました(^-^)
本拠は真岡ですが、宇都宮にも支部を設けています
現在の会員数は12名です(真岡3・宇都宮5・上三川3・群馬1)
富士山好きのカメラマンの方! 私たちと一緒に富士山市撮影をしませんか?
自由がモットーのクラブですので、都合のいい時に参加OKですよ!
写真展は少なくとも年一回予定しています
ご入会をお待ちしています(^-^)

さて、6月に立ち上げたばかりの「しもつけ富士の会」ですが、11月7日から12日まで真岡市の「まちかど美術館」で第一回写真展を開催しました。
画像


11名の出展で、22点の作品を飾りました!
会期中253名の方が見えて、概ね来場の方々には好評でした(^-^)

来年の写真展は、今回より広い会場を選び多くの作品を展示する予定です

再チャレンジするも

今月初旬には、所属する「しもつけ富士の会」の写真展を予定していて7日から1週間は動けません((+_+))
写友のNKさんとte部長さんは2日の夜出かけて櫛形方面へいくとか⇒私は4日に「二宮尊徳さんの田んぼつくり」の収穫祭があって彼らと同行できません
千葉のTさんに電話したら4日朝に高ボッチからの富士山撮影を予定しているとのこと!
天気予報はまずまずのようなので、3日朝の高ボッチからの富士山撮影に再チャレンジすることにしました
前回下見で訪れたときは、諏訪湖畔の夜景は素晴らしく「宝石箱」と言われるほどの美しさだったのですが富士山は顔を現してくれませんでした((+_+))

2日22時に出発しました
いつもとは違うルート、車のナビが示したのは北関東道⇒上信越道⇒佐久小諸で高速道を下り⇒一般道で諏訪へ向かうルートでした
高ボッチの駐車場へ着いたのは翌3日の2時過ぎでした・・・諏訪湖の灯りは見えています
撮影スポット近くの道路脇には車が数珠つなぎ・・・様々な地域から集まっています
なにわNo.、北海道No.、徳島No.etc.・・・ 如何に人気があるか!
少し仮眠して、4時に起きました

富士山は霞の向こうか? よくわかりません
画像


夜が明けてくるにつれて、富士山らしいシルエットが見えましたが筋状の雲がかかっています(>_<)
画像


6時過ぎの情景・・・富士山頂にはベッタリとした雲が覆っているのがわかります
画像


再チャレンジしましたが、富士子さんは微笑んでくれないようです(^-^)

「宝石箱」と言われる夜景

画像


前日7日の田貫湖畔では雲に阻まれて朝焼けの富士山を撮ることが出来ませんでした
今週末に柏のクラブの撮影会を「高ボッチ高原」でよていしています
私は今までクラブのバスに乗り、夜行で連れられて行くのみで場所が良く分かりません
そこで、8日の朝田貫湖畔を後にして下見目的で高ボッチを目指しました
岡谷インターを下りて、国道20号から高ボッチ高原入り口という案内板のある所から登っていきました
道幅は狭く、対向車に注意を払いながらの運転でした
「高ボッチ牧場」を過ぎてすぐに、見覚えのある広い駐車場がありました  前にバスが止まったところです
道はまだ続いていて、右側に見覚えのある入り口がありました=A
さらに進むと、やはり右側に駐車場があり諏訪湖を望めます=B
また更に進むと、また右側に高ボッチの頂上に通じる遊歩道がありました  
この入り口を入った直ぐのところに諏訪湖を望む別の展望所がありました=C

諏訪湖全体をカメラに収めるには、AかCの場所が良さそう
私は車の中で仮眠したいため、Bのところに駐車しました

諏訪湖は良く見えるものの、手前に水蒸気が多いため富士山は見えません!
画像


仮眠の後、「宝石箱と言われる夜景」を撮りました⇒素晴らしい光景でした
いつまでも見入ってしまいます(^-^)
画像


『由布姫の高島城』が写っていないか、拡大してみると⇒写っていました(@_@) 真ん中に!
画像


残念ながら今回富士山は見えませんでしたが、夕方に浮かぶ富士山と街灯りの点きはじめの光景を想像すると「ゾクッ」とします

運動会の応援は空振り

土曜日6日に孫の運動会の応援で大阪へ行きましたが、残念なことに雨模様で延期となってしまいました(+_+)
応援は空振り!
そのため先日の台風で破損したあばら家の実家の補修を実施し、予定を早めて7日に富士山麓を訪れました
田貫湖畔に到着したのは20時頃  富士山はくっきりと見えていました('_')

仮眠前に、湖畔の雰囲気をK3で撮っておくことに・・・
殆ど雲がないため、前景に樹のシルエットを入れて
画像


風も無くて湖面が鏡になっているので、映り込みを撮りたくて湖畔へ移動しました
カメラをセットしていると間もなく雲が湧いてきて、富士山を隠し始めました(+_+)
画像


雲は南東からこちらに向かっているよう・・・
23時頃には上空にも雲がかかり始めました

画像

やがて富士山は見えなくなってしまいました(+_+)
早朝の朝焼けを期待しましたが・・・結局翌朝も雲は切れることはありませんでした

今年は天候が安定せず、富士山はなかなか良い姿を見せてくれません

月の入りを期待するも・・・

画像

天候はあまり期待できませんでしたが、クラブの撮影会を9月22日・23日に実施しました   参加者は少なくて4名でしたが23日の天気予報が良いほうに変わったため富士山麓へ向かいました 折しも23日夕刻は月齢13のお月様が富士山の頂から現れるシーンです  KNさんとte部長さんは22日夕刻に出発! 私はいつものことですがもたもたしていて真岡を21時に出発しました

先ず向かうのは山中湖畔  翌日2時頃お月様が富士山頂に落ちるシーンを期待です  先発したお二人はすでに湖畔の砂浜で待機していました・・・時折星が見えるものの雲が多くて富士山頂は見えません(+_+)  潔く撤退して、明朝の撮影地の精進湖畔へ移動しました

3時半頃湖畔に到着  湖畔にはテントが多く張られていて水際近くの物も! 山中湖畔と異なり富士山はくっきりと見えていました('_')  早速夜景撮影の開始 
画像

 
精進湖では釣舟用のブイが設置されていて、バルブ撮影でも写ってしまう(+_+)
画像


4時半頃、にわかに筋状の雲が現れて良いシーンとなるかと期待!

画像


画像


しかしながら、この後どんどんと雲が多くなり富士山を覆ってしまう
朝焼けの時刻なっても雲は切れず・・・左すそが見えている程度です
画像


画像


朝食は3人揃って「豚汁」をいただきました(^-^)
今日のメインは夕刻の月の出ですが、富士宮の興徳寺のヒガンバナを観察しに行きました  
折しも満開でした!  
富士山は相変わらず雲の中ですが、もしも見えていたら・・・このヒガンバナの上です・・・という構図   
画像


あまり花に興味がないはずの会員のお一人が、熱心にシャッターを切っています('ω')  
画像
  

3人の女性が着物姿の人形を花の前に立たせて、反射板まで使って本格的にモデル撮影をしていました  おことわりして私も撮影させてもらいました・・・彼女たちはインスタグラムをしているとか!   撮らせていただいた写真は残念ながらブログに載せることは許可してもらえませんでした(+_+)  

石段付近の様子は
画像


ストロボ撮影も挑戦してみました
画像


画像


この後もう一人の会員の参加者TDさんと「風の湯」の駐車場で落ちあいましたが、夕刻まで仮眠することに・・・

パノラマ台染まる!

画像


8月18日の夕景です
パノラマ台の虹を楽しませてくれたあと、更に太陽は高度を下げていきます
筋状の雲が幾つも東西に走っていてピーカンではありません⇒このまま日没となるか、焼けるか?
画像


画像


「もう終わりかな~」とSNさんと話しながら、半ば諦めて車に戻り水分補給をして一息つき・・・三脚へ戻ったら!? 何と!・・・焼け始めました(^-^)
18時半です
画像


湖が色づいている・・・ゾクゾクします(‘_’)
画像


全面が赤く染まっている・・・こんな焼けは、私は初めてです
画像


ふとSNさんを見ると、SNさんも三脚も染まっている!

画像


約10分間のドラマでした ⇒こういう経験をすると改めて富士山に魅せられます
花の都にいたKYさん夫妻・Yさんもこの焼けを撮ったことでしょう!

パノラマ台の虹

画像


鳴沢ガストで美味しいモーニングをいただき反省会をした私たちは、仮眠するため「河口湖総合運動公園」の駐車場をお借りすることにしました
ここは静かで、木陰もあって休息にはうってつけの場所です

15時頃山中湖畔を目指して移動を開始しました
ところが、道路が大渋滞!!
途中「オギノ」というスーパーマーケットに立ち寄り夕食を調達して山中湖パノラマ台を目指しました
KY夫妻とYさんは混雑を嫌って、花の都公園で夕景を撮るとのこと?
私の方は、思ったほどの渋滞もなくパノラマ台に到着・・・SNさんが既に待機して場所を確保していてくれました(^-^)

パノラマ台は大変人気があって、何時行っても大混雑です・・・県境へ通じる道はひっきりなしに車が通ります
富士山の背景には薄い雲が一面にあって、太陽がぼやけながら高度を下げていきます

17時20頃、富士山の頂に彩雲らしきものが出ました  SNさんは興奮しています
画像


これは所謂虹ですね! 太陽を中心とした同心円上に発生するはずですが、雲=水蒸気の粒は均等ではないので角度があった場所で部分的に現れます
広角にしてみると良く分かります⇒反対側にもありました
画像


こういう場合はPLフィルターを使うと色が濃くなるのですが、私はほとんど使わないため持ち歩いていません(^-^)  マイナス補正を強めにして撮ってみました
画像

お盆休み復路…滝沢林道

画像


大阪で孫たちと一緒に墓参りして、「海遊館」という水族館で楽しく過ごして17日に富士山麓へ戻ってきました
18日・19日は「しもつけ富士の会」の撮影会を予定しています
5名の参加です
上三川のSNさんは17日の朝、田貫湖畔で「ダイヤモンド富士」を狙ったようです
激励するため、田貫湖畔へ立ち寄りました
SNさんは元気で、カメラを富士山に向けていました・・・明朝もダイヤモンド富士山を狙うとのことでした  西側から雲が湧いてきて不穏な雰囲気です
一方宇都宮のYKさん夫妻はYさんとともに、明朝にかけて南アルプス市「平林」に滞在し朝焼けを狙うとのことでした
私は今宵は富士山の南側の臼塚からの登山灯りを見たくて、水が塚へ向かいました
途中「富士桜墓地公園」へ立ち寄り富士山を観察しました

西の方は雲に覆われていて夕日があたるかどうかわかりませんでしたが、待つことしばし
18時35分 雲間から夕陽が射して山頂を染めました(^-^)・・・スポットライトのようです
画像


この後、西臼塚まで上がりましたが登山灯りはイマイチ!
水ケ塚から狙おうと駐車場まで来ましたが、折しも富士登山期間の真っただ中のため駐車規制がかかっていました(+_+)  結局ここも諦めて一つ下の「天照教林道」の撮影スポットで観察することに・・・
先客がお一人カメラを構えておられましたが、西からの雲の流れで富士山は隠れてしまいました
またまた諦めて、明日の撮影地の山中湖方面へ向かいました
独り撮影となるため、いつもは行かない「滝沢林道」から登山灯りを撮ってみることにしました  

到着したのは翌18日1時過ぎ
富士山に近いため登山灯りが良く見えます
時折、靄が流れて幻想的になります
画像


インターバル合成撮影を試しましたが・・・
画像


設定が悪いのか、星の軌跡が途切れる・・・
画像


画像


画像


4時48分 日の出直前の山肌
画像


朝陽を浴びて赤くなりました・・・(^-^)
画像


登山灯りを大きく撮るにはこの場所は面白い⇒ラインが面白い

この後、YKさん達・SNさんと待ち合わせた鳴沢の「ガスト」でモーニングをいただきました  皆さん無事に顔を合せることが出来て良かったです

お盆休み往路

画像


11日~12日はクラブの撮影会でしたが、またもや天候が悪く中止となりました 
予定では撮影会の後、そのままお盆参りを兼ねて孫たちに会いに行く予定でした 
やむなく出発の日をずらして、13日午後に出かけました 

道の駅富士吉田」に着いたときは雲が切れてきて富士山登山灯りは良く見えていました(^-^)
ひと眠りの前に、「レーダードームと富士山」の ツーショットを!
画像


14日、0時過ぎに山中湖パノラマ台へ上がりました  連休のせいでしょう、登山の方は多いようです
画像


2~3時間仮眠のつもりで横に・・・またまた寝すぎて目が覚めたらすでに明るい!  
大急ぎでK3を抱えて富士山に向かいました
かろうじて間に合いました(@_@)
夜明け前にまた「不思議な焼け」が・・・朝陽がまだ上っていないのに富士山の向こう⇒西側から赤い光芒が発生
画像


5時8分 朝陽が山肌に当たりました(^-^)
画像


画像


この後新富士駅へ直行して駅前の駐車場を確保して休息しました